カニ 激安

カニ通販で気をつけたいこと記事一覧

カニは解凍方法を間違うと…

通信販売で購入したカニ。いつ届くのか、ワクワクして待っていたカニ。せっかく届いたカニも、届いてからの処置を間違うと台無しになってしまいます。通信販売のカニは冷凍されて送られてきますので、正しい方法で解凍し、おいしくいただきましょう。まず、通販のカニはどういう状態で送られてくるのかを確認しましょう。カ...

≫続きを読む

 

国産と外国産って違うの?

カニは世界中の海に生息していますので、なにも日本だけで獲れるわけではありません。日本人が好むカニは北太平洋、ベーリング海、オホーツク海、日本海に広く生息していますから、アメリカのアラスカやロシアの沿海地方、カナダで漁獲されたカニが日本輸入されています。そうしたカニは海外産のカニとして販売されています...

≫続きを読む

 

カニが届かない!なんてことを避けるために

実店舗でのカニ購入は、実物を持って帰ってくれますので購入=即納品の図式が成り立ちます。カニがほしいと思ったら、半日としないうちにカニの実物が自宅にあるということです。しかし、通信販売ではそうは行きません。注文を申し込んだら、業者側で事務処理をして商品を用意し、発送手続き。それから宅配便業者が商品を配...

≫続きを読む

 

鮮度の良いカニを選ぶために

カニは鮮度が命です。現在は高度な冷凍技術により通信販売でも鮮度の高いカニを手に入れることができますが、問題は通信販売では実際に用品を見て確認することができないということです。カニは種類によって旬とされる時期が異なっています。それぞれのカニが最も美味しい旬の時期であれば、それだけ品質の高いカニが多く水...

≫続きを読む

 

わけあり・激安の良いところと悪いところ

食料品の販売には、「わけあり」や激安販売というものがあります。これは、形が不揃いであったりサイズ不足であったり、傷がついていたりと正規の出荷基準に満たなかった品物を、安価で提供するというものです。おもに見た目が要因で規格外となっているので味の方は正規品と遜色なく、そのため敢えてわけあり品を選ぶという...

≫続きを読む

 

通販の写真は当てにならない

通信販売ではカタログに写真を掲載していますが、実際にはそれはただのイメージ写真であり、実際にはどんなものが届くのか全くわかりません。ネット通販でも同じです。サイトの商品ページに掲載された写真は、実際に送られる商品の画像ではありません。過去の商品や、撮影用に確保した特別見栄えの良い写真を使っていますか...

≫続きを読む

 

情報収集 価格調査をしよう

大きな買い物をするときには相場の確認をするのは基本です。日用品のちょっとした買い物でもスーパーの折り込みチラシ等をチェックして一番安い店を探すくらいですから、数千円単位の買い物であるカニ通販でも同様です。カニ通販での情報収集は、カタログを取り寄せたりチラシをもらってきたり、またインターネット通販であ...

≫続きを読む

 

情報収集 口コミを参考にしよう

カニに限らず、通信販売の利用には口コミ情報の収集は非常に重要です。通信販売が普及し始めたころ、あまりにトラブルが多いために「特定商取引に関する法律」というものが作られました。これにより、ありがちがトラブルの種は概ね摘み取られました。たとえば通販業者が連絡先を不明瞭にしたままお金を持って行方をくらます...

≫続きを読む

 

質の悪い商品を通販に回すカニ業者

通信販売の特徴は、商品を自分の目で見て選ぶことができないことです。ことカニの通販となると、素人が見ても良し悪しなどわからないからプロの鑑定眼に任せるべきだから問題ない、という理屈は一理ありますが、そのプロの正直さと良心に期待するしかないというのが通販の泣き所です。しかし店舗での直販と通販を同時に行な...

≫続きを読む

 

悪質業者の手口

カニの通販も様々な業者が参入していることから、残念ながら悪質なところも少なくありません。そういった業者がよくやる悪質手口を幾つかご紹介しましょう。まず一時期流行ったのが、アブラガニをタラバガニと称して販売するものです。アブラガニはタラバガニとよく似た外見をしており、見分けた方を知らない人には区別がつ...

≫続きを読む