カニ 食べ方

ボイルか生か

カニを食べるのはボイルか生か。非常に悩ましい問題です。
やはり、もっとも美味しいのは新鮮なカニを生で食べることです。生食こそ高級感があるとして日本人が最も好む食べ方です。思い切り贅沢にカニを楽しみたいというのなら、やはり生食が一番でしょう。

 

ボイルは、しっかりと茹でて中まで熱を通します。
生の時よりも身が締まり、加熱により甘みを増します。そのため、下手に生で食べるよりはボイルしたほうが美味しいという人もいます。
また、鮮度が落ちて臭いが出そうになってもボイルしてしまえば気になりません。そのため生食が苦手だという人でも、気にせずにカニを楽しむことができますし、ゆっくり食べることもできます。量が多い場合は、必然的にあとに残ったカニはボイルされることになるでしょう。

 

また、これらの中間で表面だけを加熱する、しゃぶしゃぶもあります。
カニの身をさっと熱湯にくぐらせるもので、表面は茹でられたことで甘みを増し、熱で身がしまることで生のままの内部との食感と風味の差が楽しめます。また、飾り包丁を入れておけば花が開いたかのように身が膨らむので、見た目にも楽しめます。
ただ生食するだけでなく、技巧を見せたいという時は良い選択と言えます。

 

このようにカニは生食でもボイルでも、美味しく食べることができます。
好みと状況に応じて調理法を使い分け、カニを楽しんでください。