カニ 剥き方

カニの剥き方

非常に美味しいカニですが、硬い殻に覆われているので食べるのが面倒なのが難点です。そもそもカニは外敵から実を守るために殻で武装しているわけですから、食卓に乗ってもなお、その備えは有効というわけです。

 

カニを剥くには、素直に道具を使います。
甲羅を割るにはキッチンバサミを使います。手をけがしないように、必ず軍手をはめて作業するようにしてください。
まず、カニの腹部にある三角形の部位、「ふんどし」をはがしてめくり、そこにできた穴に刃物を入れて腹甲を縦真っ二つに割って剥がします。ここで剥がした下の甲羅についているエラははさみで切り、さらに縦に割ります。するとかにみそと足の付根に詰まった身が取り出しやすくなります。

 

脚は関節のところからハサミ切り離します。切断した切り口から縦にキッチンハサミを入れて殻を除去すれば、身が取り出しやすくなります。このとき、裏側のほうが殻が柔らかいので、そこを切除するようにすれば、楽に作業ができます。

 

脚の先やハサミの内部などの身は、カニスプーンと呼ばれる専用の道具で掻きだすようにします。

 

このように、手順を踏めばカニを剥くのはそれほど難しいものではありません。ここでしっかりと処理しておけば、ストレス無くカニの味を楽しむことができるでしょう。