カニ 北海道

カニと言えば北海道?

蟹の産地と言われて、まっさきに思い浮かぶのは北海道でしょう。
北海道はもとより水産物が豊富でカニの漁場に囲まれていますので、カニがたくさん取れます。
有名なのは毛ガニやタラバガニですが、ハナサキガニも多くとれます。特にハナサキガニは北海道近辺でしかとれませんので、北海道ならではのカニといえばハナサキガニということになります。
ハナサキガニは身が多く濃厚な味わいが特徴で、生よりは加熱して食べることでより良さが引き出されます。塩焼きや、ぶつ切りにして味噌汁にした鉄砲汁で楽しむことが多いカニです。

 

タラバガニや毛ガニの場合、日本海側でも多くとれます。また太平洋側でもとれる地域があり、比較的幅広い地域で漁獲されています。またワタリガニは日本近海に幅広く生息していますので、これらのカニは必ずしも北海道が名産地というわけではないのです。
特にズワイガニは越前ガニとも呼ばれ、日本海側の北陸地方での名産品として広く知られています。大きいだけではなく味も素晴らしカニとして、こちらも高い人気を誇ります。

 

しかし圧倒的な漁獲量から、カニの産地としての優位性を保っているのは北海道です。通信販売が出来るほどの大漁の漁獲量がある地域となると、やはり北海道ということになるでしょう。