カニ 国産 外国産

国産と外国産

カニは何も日本近海にだけ生息していわけではありません。毛ガニにタラバガニ、ズワイガニなどは北太平洋に広く分布しており、アメリカのアラスカ地方やロシア沿海地方、カナダでも漁獲され水産資源として活用されています。そうして漁獲されたカニが冷凍され日本にも輸出されおり、海外産のカニとして市場に出回っています。
また、ロシアの海域で獲ったカニを日本に戻って出荷すれば、それは国産のカニとして市場に出回ります。カニの鮮度は水揚げ後の処置にかかっていますから、日本で取り扱われるということで日本近海で獲れたカニと大差ありません。

 

カニの種類自体は同じものですので、輸入ものと国産品では大きな差はありません。せいぜい、冷凍されてから輸送などで余計に時間がかかっているので多少鮮度が劣る程度のものでしょう。安価で手に入るのであれば購入を検討しても問題ないレベルであるといえるでしょう。
と、頑丈なタラバガニや毛ガニならそれで済むのですが、ズワイガニではそうはいきません。

 

ズワイガニはデリケートな生き物で鮮度の劣化も激しく、国内の産地では非常に大切に扱われています。越前ガニなどブランド化されたところではなおさらです。そうしたカニは管理が徹底されているために効果ですが、味はそれに見合った素晴らしいものです。
これに対し、ロシアで水揚げされたズワイガニは冷凍され、それから中国で加工されてカニしゃぶや焼きガニ用のカニとして日本の市場に出回ります。こうしたカニは劣化してしまっているために値段は安くなり、味も値段相応の物となってしまいます。

 

 

そのため、ほんとうに美味しいズワイガニを食べたいと思ったら、やはり現地に足を運んで新鮮なうちに食べるのが一番ということになります。