カニ 見分け方

ゆでガニの見分け方

茹でガニは加熱により甘みがまして生とはまた違った味わいがあります。
この店頭ですでに茹でてあるカニが売られていることがありますが、こうしたカニから美味しいものを見分ける方法を幾つかご紹介しましょう。

 

色つやの良い物を選ぶ。
カニに限らずあらゆる食料品で共通ですが、やはり色がキレイな方が鮮度がよく美味しいということになります。
茹でたカニは赤くなりますが、鮮やかな赤のものを選ぶようにしましょう。焦げ茶色のような色になっているかには、鮮度が落ちています。
またカラが乾燥している場合は茹で方が上手くない事がわかります。

 

重い物を選ぶ。
手で持ってみて重いほうが、身が詰まっているということになります。
お店の人に許可をとってから触ってみて判断するとよいでしょう。もしも触らせてくれない店があったなら、その店はもしかしたらあまり品揃えに自信がないのかもしれません。
ただし、あくまでもそのカニは商品ですから、絶対に傷を付けないように気をつけましょう。もし足が折れようものなら、売り物にならなくなります。

 

殻が固いもの。
カニは脱皮食後はカラが柔らかく、身が少ないものです。そのため、なるべく硬いカニを選んだほうが良いでしょう。

 

臭いを嗅いでみる。
新鮮なカニは不快な臭いがしません。あまりにもカニの臭いが強烈なものは鮮度が落ちています。