カニ ミソ

カニミソってなに?

カニミソははカニの腹のカラをはがすとでてくる濃緑色のペースト状のものです。味噌と似ているためにこのように呼ばれていますが、実際には中腸腺とよばれる臓器となります。

 

中腸腺とは、エビやカニのような節足動物や、貝やイカのような動物の消化器官にあたります。さらに節足動物の場合は、人間でいえば肝臓と同様の栄養摂取に関連する様々な機能とすい臓に相当する消化液を分泌機能を併せ持つ、多機能な器官となっています。
これらは消化器官にあたるためか、非常に美味で栄養価の高い部分で、食材として珍重されています。
この中腸腺を食材としたもので有名なのは、カニのカニミソの他には、イカの塩辛や沖漬けを作る際に利用されるワタが挙げられます。

 

カニミソで最も美味とされているのは毛ガニのものです。その他、ズワイガニやワタリガニ、上海ガニも好んで食べられています。ただしタラバガニやハナサキガニの場合、カニミソは脂っぽいことと加熱しても固まらないことから、茹でる前に取り除かれることが多くなっています。
料理法としては、そのまま寿司ネタとして軍艦巻きに乗せたり、カニの身と混ぜて焼いたり蒸したりする、炊き込みご飯の味付けに用いるなど多彩です。

 

カニを購入したら、身だけでなくカニミソも楽しみの一つですね。無駄なく全部いただきましょう。