カニ ワタリガニ

ワタリガニ

ワタリガニとは、ガザミとイシガニというよく似たカニの共通した別名です。

 

ワタリガニというと、本来はガザミの別名です。
胴体の幅が15センチを越えるカニで、平べったい形が特徴です。また一番後ろの脚の先がヘラ状の遊泳脚となっており、海中を泳ぐことができます。
分布している地域は北海道から台湾までで、波が穏やかな内湾を好みます。雑食ですが肉食性が強く小動物を多く食べます。
大きく美味しいカニなので、昔から食用として重く扱われてきました。
料理法は塩茹でに蒸しガニ、味噌汁など様々です。肉とカニミソ、内子を食用とし、図祝がになどよりは安価ではあるものの、美味で食べやすいカニです。
店頭で売られているガザミが脚をゴムで縛られているのは、生きたまま茹でると苦しさから自切してばらばらになってしまうからで、それを防ぐために水揚げ直後から固定しているためです。

 

イシガニは、ガザミ同様に遊泳脚をもつカニで、胴体の幅は8センチほど。10センチを越えるものもいますが、ガザミより体が小さめで棘が少なく、丸っこい形状をしているのが特徴です。
分布地域は北海道南部から吸収、韓国、中国で、浅い海に幅広く生息しています。
こちらもガザミ同様に肉食性が強いのが特徴です。
一般的なカニと同様に肉とカニミソ、内子を食用とし、塩茹では味噌汁で食べます。こちらは殻が厚くて硬いので、加工や食用時には注意が必要です。