カニ 越前ガニ

越前ガニ

越前ガニは、福井県特産のズワイガニのブランド名です。

 

ズワイガニはオスとメスで生息場所と大きさが違い、そのため別の名前を付けられるほどです。大きなオスがズワイガニと呼ばれ、小さなメスはセイコガニといいます。そして、ズワイガニだけが越前ガニとして特産品とされているのです。
福井県沿岸は急に水深が深くなるため、港のそばにズワイガニが好む水温が低い深海域があります。そのため、古くからズワイガニの最高の漁場とされてきました。
ズワイガニといえば冬が旬ですが、越前ガニは「冬の味覚の王様」と呼ばれています。毎年11月6日に禁漁が解かれ、日付が変わると同時に一斉に漁に出る漁船はまさに冬の風物詩です。

 

越前ガニは人気ブランド品ということもあり、非常に高い人気を誇ります。
代表的な食べ方としては、やはり塩ゆで。甲羅を下に向けて茹で、熱々のウチにいただくのが最も美味しいとされています。
また全長70センチ以上のビックサイズも魅力です。

 

冬の時期にしか食べられない越前ガニですが、現在は現地に行けなくても通信販売での購入も可能です。
近年は冷凍技術の発達により鮮度の高いカニの輸送ができるようになったことと、直販では最寄りの店舗での購入よりも価格が抑えられることから、通販の人気が高まっています。
冬の味覚、越前ガニを是非お楽しみください。