カニ 柴山ガニ

柴山ガニ

柴山ガニは兵庫県美方郡香美町の柴山港で漁獲されるズワイガニのブランドです。

 

柴山港は天然の良港として古くから知られています。特に、この周辺地域の特徴として港から漁場が近い事が挙げられます。そのため日帰りでの漁が可能であり、水揚げしたカニをすぐに競りに出せるために非常に鮮度が高いのが特徴となっています。

 

実は、柴山ガニのブランド化は2003年であり、非常に新しいブランドとなっています。
以前より柴山港では他の漁港よりも厳格なカニの選別を行なっていました。あまりに厳格な分別を行なっているため柴山港のズワイガニは以前より高評価ではありましたが、非常に細かいランク付けをしていたために却って、どこまでを「柴山ガニ」とするべきか判断できず、ブランド化は見送られてきました。
しかし食品表示に関する法律の改正に伴い産地表示が義務化されると、明確なブランド化の必要からついに柴山ガニの銘が誕生し、ピンク色のタグが設定されました。
もちろんブランド化以後も選別の厳格さは変わらず、船一隻で800杯ちかい漁獲の中から10杯程度しか柴山ガニ認定されません。場合によっては、水揚げされた中から全く認定がないということすらあるほどです。

 

このように、非常に厳格な認定を受けた柴山ガニは、鮮度も味も高い評価を受けています。