カニ 津居山ガニ

津居山ガニ

津居山ガニは、兵庫県豊岡市の津居山港水揚げのズワイガニのブランドで、青いタグが目印です。
近くの港の間人ガニと同様、港が漁場に近いために夜に漁へ出て朝に帰ってくるという日帰り操業が可能ということから、鮮度の高さが特色です。
津居山港は漁船が多い港であるため、安定して多くのカニが水揚げされるのも、この地域のブランドガニには無い大きな特徴となっています。
そのため、日本海・山陰産のズワイガニの中ではコストパフォーマンスも良く、お得に美味しいズワイガニを食べたいのであれば非常にオススメとなっています。ただし、旬真っ最中であれば競り値が上昇することもありますので、時期を見ておくとよりお得にいただくことができます。

 

津居山カニは漁の解禁日が11月6日で、おおむね3月20日ごろまでの漁期となっています。この時期に津居山を訪れれば競りの見学もできますし、近隣の旅館などでカニを食べることができます。また供給量の多い津居山カニは近隣の観光地である城崎や香住、久美浜町などの宿泊施設でも提供しているところがあります。そのため、周辺の観光スポットなどでも食べる機会が多いのが嬉しいところです。
また、産地直送や通信販売を行なっているお店も多くありますので、是非ご利用ください。